生ごみ処理機

ネットごと投入OKな生ごみ処理機3選!NG機種は故障に注意

ネットごと投入できるおすすめ生ごみ処理機は「loofen(ルーフェン)」「パリパリキュー」「パリパリキューブライトアルファ」の3つです。ネットごと投入できない機種の場合、故障の可能性もあるので注意しましょう。この記事では投入可否の見分け方もあわせて紹介しています。
生ごみ処理機

【確認必須】パナソニック生ごみ処理機のデメリット7選|買わないほうがいい?

この記事で解決できるお悩み パナソニック生ごみ処理機のデメリットはなに? 入れてはいけない生ごみはある? ...
生ごみ処理機

生ごみ処理機は臭いが出る?クサく感じる原因と対処法を解説!

臭い漏れを防ぎたい方は乾燥式・ハイブリッド式の生ごみ処理機を選びましょう。バイオ式生ごみ処理機は臭いが出やすく、室内の設置はおすすめできません。この記事では生ごみ処理機の臭い対策方法や臭いが出づらいおすすめ機種を解説します。
生ごみ処理のコツ

【やめとけ】生ごみの冷凍処理は近所迷惑!ごみ収集前の匂いを防ぐには?

生ごみを冷凍すると、ごみ収集車の回収前に水分や匂いが漏れ出てしまい近所迷惑になります。お家のなかで生ごみ臭やコバエを抑えられても、ご近所トラブルに繋がって生活しづらくなれば本末転倒ですよね。この記事では生ごみを冷凍庫で保管することのメリット・デメリットや代替案などを解説します。
生ごみ処理機

生ごみ処理機とコンポストの違いとは?バイオ式と乾燥式の違いも解説

生ごみ処理機とコンポストの最も大きな違いは消臭能力です。生ごみ処理機はキッチンに置いても気にならないほど生ごみ臭をなくしてくれる一方で、コンポストは屋外にしか設置できません。コンポストは「畑に設置する生ごみ専用のごみ箱」というイメージが近いでしょう。
生ごみ処理機

コンパクトなおすすめ生ごみ処理機BEST5【小型なら乾燥式にしよう】

生ごみ処理機にもコンパクトな機種が存在します。コンパクトでも処理能力は申し分ありませんが、サイズが小さいほど容量が少なくなるため、4人家族以上の場合はちゅいが必要です。この記事ではコンパクトな生ごみ処理機を選ぶ際のポイントや、比較してわかった2023年のおすすめ機種をご紹介します。
生ごみ処理機

魚の内臓を投入できる生ゴミ処理機3選!クサい匂いを抑えるには?

魚の内臓もOKなおすすめ生ゴミ処理機は「loofen(ルーフェン)」「ナクスル(NAXLU)」「パナソニックMS-N53XD」の3つです。匂いが漏れやすいバイオ式生ゴミ処理機を選んでしまわないように注意しましょう。
生ごみ処理のコツ

【生ごみの捨て方問題】新聞紙がないときの代用品は?

生ごみを捨てる際に新聞紙の代用品としておすすめなのは、紙のチラシ・漫画雑誌・紙袋・お菓子の袋・牛乳などの紙パック・使い古したジップロックの6つです。生ごみの水分を吸い取れる、もしくは密封して生ごみ臭を閉じ込められるものを選びましょう。
生ごみ処理機

【一人暮らし向け】生ごみ処理機おすすめ8選|2023年徹底比較版

一人暮らしにおすすめな生ごみ処理機はどれ?【30種類以上を比較】してわかった失敗しない8選を紹介!生ごみ処理のストレスがなくなって、エコにもつながる生ごみ処理機は、一人暮らしのQOLをグッと上げてくれる優れものです。
生ごみ処理機

生ごみ処理機はいらない?デメリットを解説【買って後悔したくないあなたに】

生ごみ処理機のデメリットは「購入費用やランニングコストがかかる」「投入できない生ごみがある」「室内に設置できない機種もある」「モーター音がする」「お手入れが必要」の5つです。しかし個人的にはデメリットよりもメリットが大きいと感じます。